是川児童館

是川児童館より
 八戸市中心より南側に位置する是川地区は、一万年以上続いた縄文文化が栄えたまほろばの里です。このように歴史のある地区に建つ是川児童館は、昭和43年に地区住民の強い希望により開館し、40年を数えます。当時は旧是川地区の全域から多数の保育児が通っていました。この間に巣立った幼児は377名になります。初代館長は名刹清水寺住職である野沢静證氏、続いて差波清一郎氏、野沢功氏、現、藤田慶喜氏へと引き継がれております。職員もこれまで延べ15名が在籍し、幼児保育に当たっています。
 平成11年10月床上浸水に遭いましたが、幼児が途切れることなく現在に至っています。
〒031-0023 八戸市是川字中居河原2-12
TEL:0178(96)1614
FAX:0178(96)1619