2017年8月14日 本紙掲載
8月 14

ラップ調の会話で青森県の魅力を発信するインターネット動画の第2弾(写真はコラージュ)

 「来いへ、来さまい、おんでやぁんせ」―。津軽弁と南部弁を話す青森県民と、「滑舌悪い芸人」として活躍する諸見里大介さん(35)=よしもとクリエイティブ・エージェンシー=がラップで互いをディスり(けなし)合い、青森の魅力を発信するインターネット動画の第2弾が完成し、9日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開が始まった。県民5人がみろく横丁(八戸市)や十和田湖、三内丸山遺跡(青森市)などをラップ調で紹介。三村申吾知事も“県つづ(知事)”として誘客を呼び掛ける。

 関西圏からの誘客を目指し、大手広告代理店・電通に500万円で制作を委託した。難解な方言と滑舌の悪さという取り合わせが話題を集め、昨年12月に公開された第1弾は3カ月で再生回数35万回を超えた。

 今回の動画「ディス(り)カバリー青森2」は4分20秒。諸見里さんが来県し、県内各地を巡る内容。みろく横丁では、せんべい汁を見た諸見里さんが「なにこれ? ふやけたしぇんべい?」と挑発すると、女性がすかさず「ごもめぐでねぇ」と“応戦”。いちご煮や豆しとぎを「地味な見た目」とする諸見里さんに「からっぺちょはがねで、ぱっぱどけ(好き嫌い言わないで、さっさと食べろ)」と迫力いっぱいに八戸名物を勧めるユニークな動画に仕上がった。

 三村知事は、諸見里さんと一緒に青森市の酸ケ湯温泉に入り「たげすっけぇ湯ぁよがんすよ(とても酸っぱい湯がいいんですよ)」とリズミカルにPRする。

 県誘客交流課の齋藤直樹課長代理は「第1弾の動画は旅行会社からの反響がすごかった。動画をきっかけに全国から観光客を呼び込みたい」と期待感を示す。

 県外向けに標準語の字幕にも対応。動画公開は来年3月末まで。

2017年7月24日 本紙掲載
7月 24

9月7日に八戸―青森間で特別運行されることになった「東北エモーション」(JR東日本青森支店提供)

 JR東日本は24日、八戸線で運行中のレストラン列車「TOHOKU EMOTION(東北エモーション)」を9月7日に、青い森鉄道の八戸―青森間で特別運行すると発表した。八戸―青森間で提供するランチには大間産マグロを使ったにぎりずしや帆立しょうゆ焼きなど、1日だけの特別メニューを用意。8月1日午後2時から、全国の「びゅうプラザ」などで販売を開始する。

 9月末まで実施中の「青森県・函館観光キャンペーン」の一環。同列車が八戸線以外で走るのは初めて。

 同社青森支店によると、ランチコースが付いた往路は、午前10時51分に八戸を出発して午後0時51分に青森に着く。デザートビュッフェが付いた復路は、青森を同4時12分にたち5時53分に八戸へ到着する。

 利用料金は、八戸発の往路が大人1人8900円(子ども7800円)、青森発の復路が大人1人5500円(同4400円)。往復利用は大人1人1万3900円(同1万1700円)。申し込みは2人以上からで、個室利用の場合は3千円の追加料金がかかる。

 同列車は2013年10月に運行開始。3両編成(定員48人)で、個室やライブキッチンスペースなどを備えている。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します