2017年12月10日 本紙掲載
12月 10

陸中八木駅に停車した特別列車(左)。奥側の八木港では花火が次々と打ち上がり、乗客たちを喜ばせた=9日午後8時25分ごろ、洋野町

 地域活性化や冬季観光の魅力向上につなげようと、大手旅行会社のJTB(東京)などは9日、JR八戸線八戸―久慈間で「リゾートあすなろ」を使った特別列車を運行。岩手県洋野町の宿戸―陸中八木間では約1500発の花火が打ち上げられ、乗客約60人が車窓から見る冬の夜空の幻想的な光景を満喫した。

 洋野町、JR東日本、各地で花火ショーを手掛ける丸玉屋(東京)が協賛。同町では八木地区の防潮堤整備や宅地かさ上げが本年度中に完了し、ハード面の事業が一区切りとなるため、震災からの復興を全国へ発信しようと企画された。

 列車は午後7時に八戸駅を出発。同8時15分ごろ、宿戸駅を通過すると、車内の照明が薄暗くなり、クラシック音楽に合わせて沿線で噴射花火が打ち上がった。

 八木港では大車輪が次々と夜空を染め、乗客からは「きれい」「すごい」と歓声や拍手が沸き起こった。陸中八木駅では地元有志が「洋野エモーション」を展開。「みなさんありがとう また、来てけでぇ」と書かれた横断幕で列車を見送った。

 横浜市から参加した男性会社員(56)は「花火が追いかけてきて、音楽と合っていて素晴らしかった。また夏に来たい」と感想。元同町復興支援員で、今回の企画に携わった宮本慶子さん(39)は「寒い東北の印象から温かい印象に変わってくれればうれしい」と話していた。

2017年11月3日 本紙掲載
11月 03

今季の口開けを迎えたアワビ漁=2日午前10時20分ごろ、洋野町の宿戸漁港

 洋野町種市の宿戸漁港で2日、今季初の漁となるアワビの「口開け」が行われ、ハマは活気にあふれた。

 岩手県では1日に漁が解禁されたが、天候不良のため、多くの漁港で2日が初日となった。

 種市南漁協宿戸実行部会(吹切信夫部会長)のダイバー49人は午前8時ごろから素潜りを開始し、約2時間の漁を終えて午前10時過ぎに漁港に戻って来た。この日は約1100キロが水揚げされ、県内の業者に出荷された。吹切部会長は「今年のウニ漁は不調でアワビも心配していたが、エサ不足の割にはヤセ貝も昨年より少なく、まずまずだ」と笑顔を見せた。

 県漁連によると、10月の事前入札で決まった種市地区産アワビの平均取引価格(10キロ当たり、11月)は7万8811円。前年同期比約7%増となっている。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します