2017年10月15日 本紙掲載
10月 15

結成から10年目を迎えた「近未来警察カシオペア」のメンバーら

 岩手県警二戸警察署(中屋敷修二署長)の若手署員が扮(ふん)するオリジナルの戦隊ヒーロー「近未来警察カシオペア」が、結成10年目を迎えた。子どもを連れ去る悪者を退治し、防犯の重要性を分かりやすく伝える寸劇で、同署管内の保育園や幼稚園の園児たちにも大人気。毎回客席からは「頑張れ」「負けないで」と熱い声援が飛ぶなど、地域を見守るヒーローとして子どもたちに浸透している。

 2008年10月に初めて開催された「カシオペア安全安心ちびっこまつり」の目玉として披露したのが始まり。これまでに延べ47人が演じ、同まつりのほか、保育園や小学校などへ出張し公演を行っている。

 戦隊名は、二戸地域が通称カシオペア地域と呼ばれていることに由来。メンバーには旧浄法寺町を含めた各市町村の名前が付けられており、「にのへレッド」「いちのへブルー」「かるまいイエロー」「くのへグリーン」「じょうぼうじピンク」で構成する。

 寸劇では、子どもを誘拐する悪者「イグネー魔人」「小魔人」と対決。「知らない人について行かない」「大声で助けを呼ぶ」など、身を守るためのメッセージを送っている。

 10年間にわたり、脚本を手掛けてきた生活安全課少年補導職員の蒲生佑子さんは「子どもたちが食い付くように見てくれると安心する。これからも飽きさせない内容を考えたい」と意気込む。

 同課の遠藤敦課長は「これからも分かりやすい寸劇を心掛け、楽しみながら防犯について学んでほしい」と呼び掛けた。

 今後は、二戸市民文化会館で18日に開かれるカシオペア安全安心ちびっこまつりに出演を予定している。

2017年10月10日 本紙掲載
10月 10

チェーンソーを使い見事な作品を制作する選手たち

 二戸市の馬仙峡公園で7、8の2日間、「二戸チェンソーアート大会」が開かれた。県内外から集まった職人たちが器用にチェーンソーを操り、1本の丸太から見事なアート作品を作り上げた。

 市商工会青年部(小軽米健太部長)が主催し、今回で5回目を迎える。

 直径60センチ、高さ2メートルの丸太を使い、2日間にわたって制作するメインカービング部門には、二戸市や八戸市や神奈川県、モンゴルなど国内外から12人が出場。繊細な技術を駆使し、職人たちはワシやツルなどの動物をはじめ、西遊記の孫悟空、南部せんべいを焼く場面など、個性的な作品を表現した。

 選手による投票の結果、蘭二朗さん(神奈川県)が優勝を果たした。会場には両日とも多くの家族連れらが来場。作品のオークションやプレゼントも用意され、大いににぎわっていた。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します