2017年10月17日 本紙掲載
10月 17

20171017_shidoku.jpg


 秋の新聞週間(15~21日)に合わせ、デーリー東北新聞社など青森県内に拠点を置く9紙の新聞社と販売店が15日、八戸、青森、弘前、五所川原の4市で街頭キャンペーンを行い、市民に新聞の魅力をPRした。

 八戸市三日町のはっち前では、各紙の販売店従業員ら約10人が、通行人に試読紙計200部を配布。新聞週間を周知するのぼりを掲げながら、「ぜひ読んでみてください」などと呼び掛けた。

 デーリー東北販売店会の長谷川厚会長は「活字離れが進んでいるが、新聞こそ正確な情報を手に入れられる媒体だと思う。多くの人に読んでほしい」と話した。

【写真説明】

通行人に試読紙を渡す長谷川厚会長(左)=16日、八戸市三日町

2017年10月16日 本紙掲載
10月 16

171016_bowling.jpg

 デーリー東北新聞社(荒瀬潔社長)とデーリー東北販売店会(長谷川厚会長)は15日、八戸市のゆりの木ボウルで「第10回従業員親睦ボウリング大会」を開催し、販売店の従業員ら77人が、交流を深めながらゲームを楽しんだ。

 参加者は男女の各部で2ゲームの合計得点を競い合った。ストライクやスペアが出ると歓声が上がり、互いにプレーをたたえ合っていた。各部の上位は次の通り。(敬称略)

▽男子 ①中村光善(下斗米販売所)②木村定治(長谷川販売システム)③大森政彦(下斗米販売所)

▽女子 ①高橋精子(下斗米販売所)②中島のり(堀新聞店)③小笠原富子(高瀬新聞店)

【写真説明】

ゲームを通して交流を深める従業員たち=15日、八戸市のゆりの木ボウル

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します