2017年6月23日 本紙掲載
6月 23

サクランボ狩りを楽しむ園児

 八戸市南郷地区のサクランボ観光農園が22日、開園した。初日のセレモニーには市内の保育園児約30人が招待され、初夏の味覚を存分に楽しんでいた。7月上旬まで。

 市南郷観光農業振興会(一二三勝会長)が主催。セレモニーは、80アールで「佐藤錦」などを栽培する南郷大森の小林正明さんの農園で行われた。

 招待された虹の丘保育園の(同市)の園児がサクランボ狩りを体験。広い園地を走り回り、赤く色付いた実を探してもぎ取り、その場で頬張っていた。

 同会によると、収穫時期は生育が早まった昨年、一昨年よりは遅いが、おおむね平年並み。作柄は平年を上回る程度という。

 南郷地区の観光農園は5カ所で、順次オープンする。入園料は1時間食べ放題で中学生以上800円、小学生500円。家族連れの未就学児は無料で、団体の場合は300円。

 問い合わせは、振興会事務局のグリーンプラザなんごう=電話0178(82)2902=へ。

2017年6月21日 本紙掲載
6月 21

八戸三社大祭関連の新たな土産品として完成したトランプ。昨年参加した27台の山車が図柄になっている

 八戸三社大祭関連の新たな土産品として、三社大祭で運行される全27台の山車が図柄になったトランプが誕生した。青森県八戸市の山車組の元代表・泉山彰さん(71)が、三社大祭など「山・鉾・屋台行事」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことを記念し、企画した。泉山さんら製作関係者は、祭りの関連グッズが増えることで、各山車組の運営の一助になれば―との思いも込めている。

 製作・販売は、同市の赤間印刷工業(赤間利正社長)が担当。トランプの数字の面には、昨年の三社大祭に参加した山車の写真が印刷され、裏面は各山車組のちょうちんがデザインされている。写真は市教育委員会が提供した。

 初回はPR用に100個を製作し、各山車組や観光関係者などに配布。7月1日からは、同市はっち内の「カネイリミュージアムショップ」で一般販売される。価格は1600円(税別)。取扱店の拡大は今後検討する。

 20日は、泉山さんや赤間社長らが市庁を訪れ、市に10個を寄贈した。泉山さんは取材に「トランプは国籍や世代を問わず、旅行中の移動時間などにも気軽に使ってもらえる。三社大祭を知るきっかけになれば」と述べた。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します