2017年9月14日 本紙掲載
9月 14

試合後に健闘をたたえ合う五戸フェニックス(右側)と五戸BBC6年生チーム

 60歳以上で構成する五戸町の「五戸フェニックス」と地元小学生チーム「五戸BBC」による第6回親善野球大会が9日、町立五戸小グラウンドで開かれ、おじいちゃんと孫世代が熱戦を展開しながら野球の楽しさを共有した。

 フェニックス(行(ゆき)昇会長)の主催。過去5回はBBC前身の「ヤング五戸」を含め、全て小学生側が勝利している。

 フェニックスは65~81歳の13人が参加。BBCの6年生チーム、5年生以下チームの3チームでリーグ戦を行った。

 1試合目はフェニックスと6年生チームが対戦。「今年はメンバーがそろった」(行会長)というフェニックスが1点を追う最終回の5回に逆転し、大会初勝利を飾った。

 6年生チームで先発した大沢康征(こうせい)君(11)=同小=は「負けたけれど楽しかった。おじいちゃんたちの打球の強さに驚いた」と話し、行会長は「毎年楽しみにしている。今回は勝ちにいきました。試合を通して子どもたちが上達すればうれしい」と笑顔を見せた。

 2試合目は疲れが見えたフェニックスを5年生以下チームが逆転で下し、3試合目は6年生チームが5年生以下チームに勝利。3チームが1勝1敗で並んだが、得失点差などで6年生チームが優勝した。個人賞は田茂櫂翔(かいと)君(同小6年)が最優秀選手賞、大沢君が優秀選手賞を受賞した。

2017年8月16日 本紙掲載
8月 16

西越少年駒踊りを披露する児童

 新郷村立西越小(盛裕子校長)と野沢中(管宏校長)は13日、同村西越地区で郷土芸能巡回公演を行った。児童生徒が家内安全や交通事故防止などを願いながら踊り、住民や帰省した人を楽しませた。

 公演は郷土芸能継承を目的に毎年この日に行っている恒例行事。堂ケ前の駒形神社をスタートし、5カ所を回った。

 同神社では始めに小学生が登場し、「西越少年駒踊り」を披露。6年の佐藤龍吉郎君が「34年前に小学校の校舎新築を祝い誕生した踊りで、子どもの健全育成を願っている。一生懸命踊ります」とあいさつし、5、6年生8人が息を合わせて踊り上げた。

 続いて、中学生男子は武器を持って力強く踊る「七ツ道具」を、卒業生2人を含めた計9人で披露。女子11人は浴衣姿で「さんさ踊り」を優雅に踊った。

 住民は子どもたちの練習成果に温かい拍手を送っていた。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します