2017年8月9日 本紙掲載
8月 09

十和田市へ寄贈された高村光太郎のブロンズ胸像

 青森市在住の元教員田村進さん(84)が、詩人で彫刻家の高村光太郎の偉大さを伝えようと、ブロンズ製の胸像「光太郎山居(さんきょ)」を完成させた。田村さんは8日、青森県十和田市役所に小山田久市長を訪ね、市に寄贈することを報告。胸像は来年4月から、十和田湖畔休屋の光太郎が制作した「乙女の像」の周辺にある十和田湖観光交流センター「ぷらっと」で展示される予定だ。

 田村さんは10代から光太郎の詩や書、彫刻などの作品に親しんだ。乙女の像が完成した1953年には、除幕式の翌日に本人と直接会う機会に恵まれ、以後も光太郎の芸術世界を思い続けてきたという。

 県内の中・高校で美術教員を務め、退職後の80歳の時に、今回の胸像の原型となる石こう像を4カ月半かけて制作。昨年7月、十和田八幡平国立公園の十和田・八甲田地域指定80周年の記念式典会場に展示された。これを契機に市への寄贈の話が進み、石こう像から型を取ったブロンズ像を完成させた。

 像は高さ74センチ、幅78・5センチ。重さが85キロあり、台座を市が今後準備した後、ぷらっとに展示する。

 この日は田村さんが胸像の写真パネルを小山田市長に贈り、制作の経緯などを説明。小山田市長は「観光などで訪れる多くの人に見ていただき、高村や乙女の像について関心を持ってもらえればと思う」と謝辞を述べた。田村さんは取材に「胸像から高村の内なる魂、すごさ、優しさを感じてもらいたい」と話していた。

2017年8月5日 本紙掲載
8月 05

細川興一会長(右)から記念品を贈呈される石井訓象さん(中央)、晶子さん夫妻

 十和田市現代美術館で開催中の画家横尾忠則さんの企画展「十和田ロマン展 POP IT ALL」の来場者が4日、1万人に達した。1万人目となったのは東京から旅行中に立ち寄った会社員石井訓象(くにまさ)さん(41)と妻晶子さん(34)で、記念品が贈呈された。

 企画展は6月17日に開幕。同館によると、来場者数は順調なペースで推移しているという。

 4日午前に来場し、記念すべき1万人目となった石井さん夫妻を同館スタッフらが出迎え。同展のポスターを中心街に掲示するなど、関連企画に協力している市商店街連合会の細川興一会長が、記念品として今回の展示作品をまとめたカタログなどを手渡した。

 訓象さんは「現代美術館には初めて来たが、良い思い出になった。横尾さんの十和田に関連した作品などを見られてうれしい」と笑顔で話していた。

 企画展は9月24日まで。8月26日には小池一子館長と、同展の共同企画者である金澤韻氏が横尾作品について語り合う企画も館内で開催する予定(午後1時から)。問い合わせは十和田市現代美術館=電話0176(20)1127=へ。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します