2017年8月18日 本紙掲載
8月 18

旧古間木駅に使われた木材の保存・活用に向け調査する関係者

 三沢市のまちづくり団体「青森プラスデザインプロジェクト」(小笠原彩子代表)は今月から、改築のため解体される青い森鉄道三沢駅の旧古間木駅舎に使われたシラカバなどの建材を保存する活動に着手した。小笠原代表は「先人の思いを次世代に伝えたい」と抱負を語る。

 三沢駅は「国鉄古間木駅」として1894年に開業し市制施行から3年後の1961年、現在の名称となった。旧駅舎は34年に建設。シラカバ材を使った山小屋風の外観で、「白樺(しらかば)の駅」とも呼ばれた。

 87年に現駅舎が完成した後も旧駅舎は改修を重ね活用され、2017年7月までは「青い森たびショップ三沢」が入居していた。

 小笠原代表が5日に駅前を通り掛かった際、旧駅舎の壁以外の部分が解体されているのを発見。市や青森県の担当者に相談した結果、希望した部位を提供してもらう協力を取り付けた。

 17日には協力者の鈴木建設工業の花田仁社長(62)ら関係者と、上りホーム南端に隣接している外壁や梁(はり)、柱などを視察し、保管する建材の目星を付けた。

 21日から解体工事が始まるが、小笠原代表はまず建材を一時保管し、今後の活用を検討する方針だ。改修を重ねた結果、シラカバ以外の建材も交じっているとみられるが「できるだけ当時の様子を残そうという意図を感じる」と小笠原代表は指摘。県の青い森鉄道対策室の大山健総括主幹(54)は「三沢駅には国鉄時代からの変遷の歴史がある。残してもらえるのはありがたい」と話している。

2017年8月15日 本紙掲載
8月 15

柔術の全国大会の金メダルを首に掛け、優勝を喜ぶ田口颯真君

 三沢市立おおぞら小4年の田口颯真(そうま)君(10)が、7月22日に東京で行われたブラジリアン柔術の全国大会、第11回全日本キッズ柔術選手権(日本ブラジリアン柔術連盟主催)の「ジュニア1白/灰帯ウルトラヘビー級」で優勝を果たした。田口君は「とてもうれしいけど、もっと強くなりたい」とさらなる向上を望んでいる。

 田口君は、父佳明さん(33)の影響で1年の頃に空手を始めた。柔術は、2年になって入会した三沢市の柔術サークル「一丸(かずまる)柔術」(山端祐樹代表)で本格的に始めた。

 恵まれた体格と父の指導のかいもあり、空手と柔術それぞれの実力はめきめきと向上。一方、大会では3位入賞が確定した時点で全力を出さなくなる“悪い癖”があったという。

 それを見かねた母美希さん(34)が2年時の空手の大会終了後に「相手に対して失礼」と、田口君を説得。このことが田口君の闘争心に火を付け、以来「絶対に負けない」と、全力を出して戦うようになった。

 今年に入り、空手やアームレスリングの県内の大会で優勝。今回の柔術の全国大会も「誕生日プレゼントに連れて行ってほしい」と出場を懇願し、見事優勝した。

 柔術の魅力を「たくさんある技の中から、何を繰り出すか考えるのが楽しい」と語る田口君。高みを目指して練習に励んでいる。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します