2017年6月8日 本紙掲載
6月 08

若者の地元定着に向け久慈市が作成したパンフレット「久慈ライフ!」

 久慈市は若者の地元定着に向け、パンフレット「くじライフ!」を作成した。久慈地域で働く若者の生活スタイルや立地企業などを漫画や写真で紹介。地元に関心を持ってもらおうとアピールしている。

 パンフは、表紙を描いた岩手県内在住の漫画家そのだつくしさんによる、4ページの「久慈市紹介漫画」で始まる。

 地元が久慈市で首都圏に進学、就職し、Uターンしてきた人や、地方都市からJターンしてきた人の事例8件を掲載。久慈に戻ってきた理由や現在の仕事内容、1日のスケジュールなどを紹介している。

 さらに、地元企業12社の概要、久慈市と東京、仙台、盛岡市との気候、通勤、住宅、医療などデータの比較、久慈地域のレジャースポットを載せた。

 4千部製作。県立久慈高、久慈東高、久慈工業高の2、3年生に計900部を配布し、残りは就職イベントの会場や東京のUターン関連施設で配る方針だ。

 久慈地域では、新規高卒者の地元就職割合が2年連続で4割を上回った。これまでは県外就職が多い地域だったが、東日本大震災以降は地元志向が強まっている。

 久慈市商工振興課は「高校生らに地元に対し、もっと目を向けてもらいたい」とPRしている。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します