2017年6月24日 本紙掲載
6月 24

音楽に合わせて、元気に体を動かす子どもたち

 三沢市は22日、市立中央保育所(羽立英士所長)で、運動習慣定着のために市が制作した「みさわよいとこ体操」の普及イベントを実施した。91人の子どもたちが、市のご当地ヒーロー「海鮮野郎ホッキーガイ」と一緒に、リズムに乗って元気に体を動かした。

 体操は、老若男女の運動不足を解消しようと、2016年1月に完成。「三沢よいとこ音頭」に合わせ、同市にちなんだ「飛行機」や「ホッキ貝」のポーズを取り入れた、全身を大きく動かす振り付けが特徴的だ。

 イベントは子どもたちの「ホッキーガイ」の呼び声に応え、ホッキーガイが登場してスタート。全員が音楽に合わせ、楽しそうに体操した。年長の林莉愛ちゃん(6)は「腕を伸ばすところが好き。ホッキーガイと一緒に踊れて楽しかった」と笑顔で話した。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します