2017年6月25日 本紙掲載
6月 25

大玉のニンニクを収穫し、喜ぶ子どもたち

 田子町で24日、田子にんにく収穫祭が始まった。初日は青森県内外から訪れた大勢の人たちが、掘り採り体験や旬の味を楽しみ、全国にファンを持つ田子産ニンニクの魅力を満喫した。25日まで。

 にんにく収穫祭実行委員会(佐藤裕一会長)が主催。会場の町農山村広場では、農場での収穫体験が人気を集めた。参加者は大玉のニンニクを探そうと、茎の太さを注意深く観察。お気に入りの一本を引き抜くと、うれしそうに笑顔を浮かべていた。

 秋田県の能代市から妻と娘の3人で訪れた会社員の村岡利哉さん(35)は「知り合いから聞いて初めて来た。田子のニンニクは有名。一玉一玉が大きくて驚いた」と話していた。

 会場にはニンニク料理を提供する飲食ブースが並び、特設ステージでは園児による遊戯など各種催しが行われた。

 主催者あいさつで佐藤会長は「生育は順調で今年もおいしいニンニクができた。にこにこ笑顔で帰ってほしい」と歓迎。山本晴美町長も「ニンニクといえば田子町。この時季のニンニクは生ニンニクと呼ばれ、今でなければ味わえない」と旬の味をアピールした。

 25日は、午前10時~午後3時。収穫体験などを予定している。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します