2017年12月15日 本紙掲載
12月 15

手帳甲子園全国大会に出場する伊藤舞泉さん

 青森県立三沢高(白戸爾校長)2年の伊藤舞泉(まいみ)さん(17)が、「能率手帳」で知られるNOLTYプランナーズ(東京)主催の第6回「手帳甲子園」仙台大会で1位となり、16日に都内で開かれる全国大会に出場する。会員制交流サイト(SNS)の写真共有アプリ「インスタグラム」がきっかけで編み出した活用法を大舞台でアピールしようと意気込む。

大会は同社の中高生向け教材を採用している学校の生徒が対象で、「活用」「デザイン」の2部門がある。応募者736人のうち、書面審査を経た優秀者が仙台、東京、大阪の各地方大会に出場し、5分間のプレゼンで競った。

 北海道・東北地区予選となる仙台大会(11月18日・東北高小松島キャンパス)では5人が発表。伊藤さんは、インスタグラムに掲示された活用例を見て興味を持ち、「まずは勉強時間を固定し達成できなかった場合は翌日に挽回する」といった工夫を説明した。イラストを描き込むなど、遊び心も目を引く。

 全国大会は5人が出場する。「手帳のおかげで成績も上がった。全国大会でも堂々と発表したい」と力を込める伊藤さん。指導に当たる野澤克哉教頭は「手帳を付けることで自己管理の力を養い、成長につながれば」と期待している。

 全国大会は16日午後1時半~5時。「NOLTYスコラ」公式インスタグラムで生中継される。

2017年12月14日 本紙掲載
12月 14

英語で情感豊かに演技する園児たち

 十和田市の「まきばのこども園」(太田功一園長)で9日、おゆうぎ会が開かれ、年長組の園児15人が英語劇「ピノキオ」を上演した。30分ほどの長い作品を、身ぶりや手ぶりを交えながら、滑らかな英語を使って情感豊かに演じ切った。

 同園には週1回、アメリカ人の講師が訪れ、英語を教えている。おゆうぎ会での劇は、覚えた言葉を人前で発表する場を設け、より英語に親しんでもらうことを目的に毎年開催。今年で16回目を迎えた。

 ピノキオやお父さん、女神、キツネやネコなどの衣装を着て、それぞれの役に成り切った園児たちは、一生懸命覚えた英語のせりふを堂々と披露。歌や踊りを交え、ピノキオの夢と冒険の世界を表現した。

 主役のピノキオを演じた櫻田大翔(やまと)ちゃん(6)は「緊張したけど、英語でうまく発表できて楽しかった」とにっこり。太田園長は「幼児期から違う国の言葉や文化に触れてもらい、将来も海外へ目を向けるような大人に育ってもらえるとうれしい」と話していた。

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します