2016年9月9日 本紙掲載
9月 09

感謝の気持ちを込め、贈られた鼓笛隊セットで演奏する園児

 下北地域広域行政事務組合消防本部(石野了消防長)は7日、大間町の大間保育園(石澤一昭園長)幼年消防クラブに対し、一般財団法人自治総合センターの助成で購入した鼓笛隊セット(約40万円相当)を贈った。

 同クラブは1986年結成。町の消防観閲式や防火パレード、防火の花のコンテストなどへの参加を通じて防火思想の普及に努めている。日頃の活動が認められてセットを贈ることになった。

 贈呈式では、同組合副管理者の金澤満春町長が石澤園長に目録を贈呈。引き続き、年長児15人がプレゼントへのお礼の気持ちを込めて、新しいキーボードや太鼓で「火の用心」「さんぽ」などを元気いっぱいに演奏していた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します