2016年10月13日 本紙掲載
10月 13

MBQへの参加を呼び掛ける福原直樹事務局長

 二戸市福岡の馬淵川河川敷で23日、バーベキューを通じて交流促進や地元食材への理解を深める「MBQ(マーベキュー)パリピだよ!全員集合!」が開催される。二戸地域を代表する「南部高原豚」「菜彩鶏」「短角牛」のブランド肉や地元の新鮮な野菜を提供する予定で、地元食材を楽しみながら、異業種間の交流創出を図る。

 岩手県が昨年度行った「カシオペア若者交流事業」の一環で開かれ、2回目の今回は同市のNPO団体「カシオペア市民情報ネットワーク」が引き継いで開催する。前回は年齢制限を設けていたが、今回から撤廃する。家族連れでの参加も可能。

 参加費は1人2千円。食材やバーベキュー道具は会場に用意済み。飲み物の持ち込みは可能で、アルコールは会場で販売する。定員は300人。時間は午前11時から午後3時まで。

 チケットは二戸ショッピングセンターニコアや市民文化会館で販売している。事務局長を務める福原直樹さん(33)は「手ぶらでバーベキューを楽しんでもらい、地元食材への関心を深めてほしい」と参加を呼び掛けている。

 問い合わせはカシオペア市民情報ネットワーク=電話0195(43)3461=へ。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します