2016年10月16日 本紙掲載
10月 16

パレードで火災予防を呼び掛ける園児

 17~23日の秋の火災予防運動に先立ち、五戸地区幼年消防クラブ防火大会が13日、五戸町中心部で開かれた。同町と新郷村の園児約220人が防火パレードを行い、住民に火災への注意を促した。

 両町村の7幼稚園、保育園児が参加。パレードは町立公民館から町図書館までの約600メートルで行った。園児はクラブのはんてんを着用し「みんなで火事を無くしましょう」と呼び掛け、拍子木を打ち鳴らした。

 図書館駐車場では、防災広場「キッズファイヤー・パーク」も開催された。五戸消防署の橋本広功署長が「火事や地震、台風の時は両親や先生の言うことを聞いて安全に逃げてください」とあいさつした。

 消防署員による「防災戦士ダッシュ119」のショーや、地震、濃煙、放水の各体験などもあり、子どもたちは楽しみながら防災について学んでいた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します