2016年10月20日 本紙掲載
10月 20

綱引きをする参加者

 上北郡社会福祉協議会(田中孝雄会長)主催の第39回愛の輪レクリエーション大会が14日、六戸町総合体育館で開かれ、郡内7町村からの参加者が多彩な競技を通じて親睦を深めた。

 知的障害のある人や家族、関係者が一堂に会する場として毎年開催し、今回は197人が集まった。6施設と「町村」の7チームを設定。玉入れや綱引き、ボール送りなど6競技のほか、フォークダンスや歌の斉唱を楽しんだ。会場には笑顔があふれ、終始和やかな雰囲気に包まれていた。

 田中会長は「これからも地域の人たちが集まり、楽しめる場をつくっていきたい」と話した。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します