2016年11月2日 本紙掲載
11月 02

ゴールを目指して勢いよく走る子どもたち

 二戸市民マラソン大会が10月30日、同市金田一の金田一コミュニティセンター周辺で行われた。参加した市民たちは、秋に彩られた景色を楽しみながら、ゴールを目指して爽やかな汗を流した。

 市教育委員会と市体育協会が主催し、今回で38回目。大会には、小学生から高齢者まで約170人が参加した。

 選手たちは、年齢別に2~5キロのコースに分かれ、懸命な走りを披露。沿道には、地域住民や選手の家族たちが詰め掛け、大きな声援を送っていた。

 小学3、4年男子の部を制した市立浄法寺小4年の中崎敬士君(9)は「初めて参加したけど、ラストスパートで一気に1位に出て、優勝することができてうれしい」と笑みをこぼした。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します