2016年11月10日 本紙掲載
11月 10

千歳あめを手に、記念撮影に臨む年長児

 七戸町の青岩寺(青山晃淳住職)で4日、敷地内にある明照保育園(青山一航園長)に通う子どもたちが七五三祈願を行い、全園児と同園支援センターを利用する親子ら合わせて約60人が健やかな毎日を送れるよう祈った。

 青山住職が同園運営法人の理事長を兼ねているため、園児は定期的に青岩寺でお勤めを実施している。この時期になると、寺院内で七五三祈願を行うのが恒例となっている。

 この日、本堂に集まった園児たちは、元気よく七五三の歌などを披露した後、青山住職と一緒に阿弥陀様に手を合わせ、健康祈願の法要を行った。

 最後に、お供えした千歳あめが子どもたちに配られ、にこやかな表情で記念撮影に臨んでいた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します