2016年11月11日 本紙掲載
11月 11

久慈湾岸の自然を満喫しながら走るランナー

 第1回久慈あまちゃんマラソン大会と第21回久慈もぐらんぴあ駅伝競走大会が6日、久慈市の久慈湾岸をコースに行われた。マラソンは約930人、駅伝には56チームが出場し、潮風を浴びながら健脚を競った。

 市、市教委、市体育協会が主催。マラソンは、市漁協周辺からNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地となった小袖海岸に通じる道がコース。10キロ、5キロ、2キロ、着順と表彰なしのファミリーペア(2キロ)の各部門を設定した。駅伝は18・4キロの「みちのく潮風トレイルコース」を6人でたすきをつないだ。

 この日は、アトランタ五輪女子マラソン代表の浅利純子さんがゲストランナーとして登場し、参加者と一緒に走り大会を盛り上げた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します