2016年11月13日 本紙掲載
11月 13

式典で校歌を歌う児童

 六ケ所村立千歳平小(蛯名睦子校長)の創立40周年記念式典が12日、同小で開かれ、児童80人が地域の歴史を胸に刻み、未来へ新たな一歩を踏み出すことを誓った。

 千歳平地区は、むつ小川原開発の影響で同村の鷹架などの住民が移り住み、1976年に新設。

 同小は、同地区と既存の庄内地区などとの協調、融和の象徴として、77年4月に千歳平小・中学校から分離して開校。笹原小との統合を経て、昨年度までに871人を輩出している。

 蛯名校長は子どもたちに向けて「自分の学校、村を愛する人になってください」と式辞。戸田衛村長は「巣立った児童が世界に羽ばたく国際人として活躍してほしい」と述べた。

 全校児童は地区の歴史や地域との交流を振り返った後「みんなで素晴らしい学校にしていきましょう」と呼び掛けた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します