2016年11月27日 本紙掲載
11月 27

園児と一緒に塗り絵やゲームを楽しむ生徒

 青森県立百石高(荒川由美子校長)食物調理科は25日、おいらせ町のあゆみ保育園で保育園実習を行った。生徒は園児と交流したほか、劇を通じて食べることの大切さを伝えた。

 実習は同園で毎年実施している。今回は同科の1年生39人が参加し、園児約110人と触れ合った。

 劇では、園児に朝ご飯をしっかり食べるようアピール。ナガイモやニンジンなど地元の農産物も紹介した。

 その後、生徒は自作したゲームや塗り絵などを園児と一緒に楽しんだり、食事の世話をしたりして交流を深めていた。

 同園の泉漸(ぜん)ちゃん(6)は「お絵描きが楽しかった。またお兄さん、お姉さんと一緒に遊びたい」と満足げ。同科の滝内桃子さん(15)は「貴重な体験ができた。自作のゲームを楽しんでもらえてうれしい」と話した。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します