2016年12月18日 本紙掲載
12月 18

全国の俳句大会で好成績を収めた生徒。前列左から吹切彰太さん、小泉翔太郎さん、長澤魁斗さん、仁和玲於那さん、後列左から澤居朋さん、蛯名愛海さん

 青森県立七戸高(佐々木孝之校長)の文芸部部員6人が、このほど行われた全国公募の俳句コンクールで上位入賞を果たし、喜びに沸いている。

 3句一組で応募する第19回神奈川大学全国高校生俳句大会(応募総数1万1465通)で、2年長澤魁斗(かいと)さんが、学校生活での人間関係で感じたことを詠んだ、「五月闇心の闇を隠しけり」などで最優秀賞を獲得。「自分の句が選ばれるとは思っていなかった。卒業までに、自分にしか作れない作品を作っていきたい」と意気込む。

 さらに3年澤居朋(とも)さん、2年蛯名愛海(あみ)さん、2年吹切彰太さんが入選。団体賞では優秀賞に選ばれた。

 第31回全国高校文芸コンクール俳句部門(応募総数1万6917通)では、2年小泉翔太郎さんが、七戸の商店街を歩いていた時に思いついた「鰯(いわし)雲看板多き商店街」で優秀賞。「全国での入賞は初めてで驚いている。来年も上位入賞したい」と笑顔を見せた。

 2年仁和玲於那(れおな)さんは「一斉に口になりたる燕(つばめ)の子」で優良賞に輝き、「俳句には苦手意識があるが、受賞を糧にちゃんとした句を作っていきたい」と飛躍を誓った。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します