2016年12月23日 本紙掲載
12月 23

施設利用者にケーキをプレゼントするサークルK東北町乙供店のスタッフ(左)

 東北町古屋敷の障害者支援施設「けやき寮」(鈴木久美子園長)に22日、長年の親交がある同町のコンビニエンスストア「サークルK東北町乙供店」からクリスマスケーキが届けられた。ケーキはこの日施設で開かれたパーティーで提供され、施設の利用者や関係者が善意に感謝した。

 ケーキのプレゼントは、施設を運営する社会福祉法人の前理事長沼山助内さんと同店との間に交流があったのがきっかけ。また、同施設の利用者が休日に買い物を楽しむ「売店外出」で同店を利用していることもあり、数年前から続けられている。

 この日は同店の女性スタッフ2人が施設を訪問。パーティー用の装飾が施されたホールで、56個のケーキを利用者に手渡した。

 鈴木園長は「施設のみんなも楽しみにしていた。地域とのつながりがあることがうれしい」と喜んでいた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します