2016年12月24日 本紙掲載
12月 24

幻想的なイルミネーションを楽しむ市民

 二戸市浄法寺町の稲庭交流センター「天台の湯」で22日、イルミネーションの点灯式が行われた。電球約4万個の幻想的な光が、訪れた市民らを魅了している。来年2月末まで。

 浄法寺町観光協会などが主催。2011年からスタートし、今回で6年目を迎える。

 この日、市民ら約100人が駆け付け、全員でカウントダウン。青や赤、緑などさまざまな電球で彩られたトンネルやツリーなどが姿を現すと、来場者からは大きな歓声が響いた。

 会場では甘酒や豚汁が振る舞われたほか、歌謡ショーが行われるなど、大いににぎわった。

 点灯時間は毎日午後6~9時。1月16日以降は週末のみ点灯する。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します