2017年1月22日 本紙掲載
1月 22

小中学生の達筆な作品を眺める来場者たち

 二戸地区小中学校書写作品展が21日、二戸市民文化会館で始まった。来場者たちは、子どもたちによる伸びやかで達筆な作品にじっくりと見入っている。22日まで。

 二戸地区書写教育研究会(佐々木孝義会長)と二戸地区中学校文化連盟(中嶋敦会長)が主催し、今回で43回目を迎える。

 作品展には二戸地区の小中学校から約2300点の応募があり、会場には会長推薦賞や特選などに輝いた力作約600点を展示。訪れた家族連れらは、「新春の光」「挑戦」「無限」など学年ごとの作品を一つずつ眺め、書道の世界に浸っていた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します