2017年2月1日 本紙掲載
2月 01

Aブロック決勝で熱戦を繰り広げる選手たち

 第24回五戸町長杯争奪ソフトボール大会が29日まで、同町の五戸ドームで行われ、職場や友人同士の15チーム237人が参加し、親睦を深めながら爽やかな汗を流した。大会は昨年12月1日から全7日間の日程で開催。一般のAブロックと、小学生や女性などでチームを構成するBブロックに分かれて争った。

 Aブロックは同町、新郷村の12チームがエントリーし、予選リーグを経て決勝トーナメントを実施。Bブロックは3チームが総当たりのリーグ戦を行った。

 29日はAブロックの決勝が行われた。白熱した戦いを繰り広げ、「打だせろ~!打だせろ~!ホントに打だせるな~!」チームが、9―8で「大蔵工業BC」を下した。

 Bブロックは「チームとしモンGO」が優勝した。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します