2017年2月11日 本紙掲載
2月 11

三戸郵便局が企画した「11ぴきのねこ」50周年記念グッズ4種類

 三戸町の名誉町民で漫画家の故馬場のぼるさんの代表作「11ぴきのねこ」の刊行50周年を記念したグッズ4種類が10日、全国の郵便局を通じ発売された。三戸郵便局(橋本正俊局長)が企画し、発行元のこぐま社(東京都)が協力、手提げ袋やポーチなど世代を超えて愛される実用品が注目を集めそうだ。

 グッズは手提げ袋(税込み1200円)、小物入れポーチ(同千円)、手拭い(同600円)、書類収納ファイル(同750円)。スタジオジブリのキャラクター製造を手掛ける埼玉県の業者エンスカイに依頼した。

 いずれもほのぼのとした馬場さんの作風を生かし、リーダーの「とらねこたいしょう」をはじめ、おなじみの青色の猫が躍動。手提げ袋は「11ぴきのねこ ふくろのなか」の表紙と裏表紙をそのまま再現、本物の絵本が入るサイズに仕上げている。

 橋本局長は「当初青森県内のみの発売を予定していたが、全国からのファンの声に応えた。幅広い世代に使ってほしい」と話している。

 全国の主要郵便局千局以上で販売し、日本郵便のウェブサイト「郵便局のネットショップ」でも取り扱っている。

 問い合わせは三戸郵便局=電話0179(22)2363=へ。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します