2017年2月12日 本紙掲載
2月 12

東北フリーブレイズの田中豪選手(右)に教わりながらスケートに親しむ園児

 八戸市の多賀台保育園と浜市川保育園の合同スケート教室が9日、八戸市の田名部記念アリーナで開かれた。アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズの選手も地域貢献活動の一環として参加。両園の年長組の園児計25人がスケートに親しんだ。

 この日は、ブレイズから伊藤優人、菊池恭平、田中豪、田中遼、コール・ジャレットの5選手が参加。マスコットキャラクターのブレイジーも登場した。園児は転び方などの基礎を学んだ後、選手と手をつないだり、いすにつかまってバランスを取ったりしながら氷の感触を楽しんだ。

 簡易的なスティックやボールを使って、アイスホッケーの体験もした。多賀台保育園の清水想ちゃん(6)は「楽しかった」と笑顔。浜市川保育園の亀橋春輝ちゃん(6)は「ブレイジーはかわいくて、選手はかっこよかった」とうれしそうだった。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します