2017年4月2日 本紙掲載
4月 02

11ぴきのねこと触れ合う親子

 三戸町のコミュニティーバス路線に1日、イオンタウン三戸線が加わった。運行開始に合わせ同施設内にあるマックスバリュ三戸店は、11ぴきのねこが描かれたラッピングバスの展示などを行い、買い物客に開通をPRした。

 コミュニティーバスは町内を運行し、100円で利用できる。イオンタウン三戸線は1日3往復で中心街や三戸中央病院を結ぶ。

 同日はマックスバリュ三戸店前に、町が運行を委託する南部バスを展示。町出身の漫画家、故馬場のぼるさんの絵本「11ぴきのねこ」のキャラクターが親子連れらと記念撮影し、利用を呼び掛けた。

 町内に住む青木保さん(68)は「歩いて来るのは大変だった。今日は自家用車だが、バスも利用してみたい」と話していた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します