2017年4月11日 本紙掲載
4月 11

引退する菊池恭平選手(左)には多くのファンが詰め掛け、ねぎらいの言葉を掛けた=9日、テクノルアイスパーク八戸


 アジア・リーグアイスホッケーの2016~17年シーズンを終えた東北フリーブレイズは9日、ホームリンクの八戸市のテクノルアイスパーク八戸で「ファン感謝祭」を開き、選手26人が約400人のファンに感謝を伝えた。

 田中豪主将が「応援が支えになり、シーズンを乗り切れた」とあいさつ。続いて「下克上バトル」と題したミニゲームを実施した。ベテランと若手陣の2チームに分かれ、障害物リレーや3on3など5種目で競い合って会場を沸かせた。

 サイン会では現役を引退する八戸市出身のDF菊池恭平の元に多くのファンが詰め掛け、行列ができた。花束を渡すファンの姿も見られ、「今までありがとう」と言葉を交わし合った。

 市立三条小1年の竹原歩希(ほまれ)さん(6)は「菊池恭平選手が一番好き。今日も格好良かった」と、最後のユニホーム姿を目に焼き付けていた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します