2017年4月19日 本紙掲載
4月 19

スタートを切る小学5、6年の男女

 三戸郡陸上競技協会(船水松春会長)は16日、五戸町ひばり野公園陸上競技場を発着点に県南ロードレース大会を開き、県南や岩手県北地方から85人が参加した。暴風警報が発令されるあいにくのコンディションだったが、選手たちは強風に負けずに力走した。

 今年で47回目。競技場周辺の2、3、5キロのコースで男女別、年齢区分別で争った。

 男子小学5・6年で優勝した八戸市立白山台小6年の佐藤晶君(11)は「最初から先頭に出て、ライバルたちに負けないように走った。思うような展開で走れた」と喜んでいた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します