2017年5月10日 本紙掲載
5月 10

テーマパークを舞台にしたミュージカル「Dual」

 青森県立八戸東高演劇部による第21回自主公演が6日、八戸市公民館で開かれた。若い感性あふれる舞台に、大きな拍手が送られた。

 1~3年生の部員約50人が役者、スタッフとして参加した。公演は2部構成。第1部は、童話「裸の王様」を部員たちによってアレンジした朗読劇「王様の新しい服」を発表した。

 第2部は、ミュージカル「Dual」を上演。テーマパークを舞台にした物語で、ダンサーとしての希望を失っていた主人公が、再び立ち上がるまでを描いた。出演者たちは、楽しい歌とダンスで会場を盛り上げた。照明や音響を巧みに使った演出で、観客は不思議な作品の世界観に引き込まれていた。

 同校演劇部は、6月11日に洋野町民文化会館でミュージカル公演を行う予定。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します