2017年6月26日 本紙掲載
6月 26

久慈平岳山開きで行われた馬の登坂行列

 洋野町と軽米町にまたがる久慈平岳(標高706メートル)が25日、山開きした。恒例となっている馬の登坂行列や芸能交流祭などの多彩な催しが繰り広げられ、町内外から訪れた多くの人でにぎわった。

 馬の守護神をまつった山頂近くの久慈平神社前では、安全祈願の神事を行った。続いて、参拝馬が山頂広場まで列を成して登り、観客が迫力ある馬の姿を写真に収めていた。

 山頂広場では、福餅まきや芸能交流祭、地元の特産品を販売する「久慈平市」を開催。同町のアグリパークおおさわから出発する登山会、森林愛護少年団による巣箱の設置も行われ、子どもから大人まで多くの人が豊かな自然を満喫した。

 洋野町立向田小4年の川原永遠(とうわ)君は「巣箱を付けたのが楽しかった。鳥が来てくれればいいな」と話していた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します