2017年7月24日 本紙掲載
7月 24

9月7日に八戸―青森間で特別運行されることになった「東北エモーション」(JR東日本青森支店提供)

 JR東日本は24日、八戸線で運行中のレストラン列車「TOHOKU EMOTION(東北エモーション)」を9月7日に、青い森鉄道の八戸―青森間で特別運行すると発表した。八戸―青森間で提供するランチには大間産マグロを使ったにぎりずしや帆立しょうゆ焼きなど、1日だけの特別メニューを用意。8月1日午後2時から、全国の「びゅうプラザ」などで販売を開始する。

 9月末まで実施中の「青森県・函館観光キャンペーン」の一環。同列車が八戸線以外で走るのは初めて。

 同社青森支店によると、ランチコースが付いた往路は、午前10時51分に八戸を出発して午後0時51分に青森に着く。デザートビュッフェが付いた復路は、青森を同4時12分にたち5時53分に八戸へ到着する。

 利用料金は、八戸発の往路が大人1人8900円(子ども7800円)、青森発の復路が大人1人5500円(同4400円)。往復利用は大人1人1万3900円(同1万1700円)。申し込みは2人以上からで、個室利用の場合は3千円の追加料金がかかる。

 同列車は2013年10月に運行開始。3両編成(定員48人)で、個室やライブキッチンスペースなどを備えている。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します