2017年7月27日 本紙掲載
7月 27

「かもめ祭り」のチラシ

 “漁師村”として古くから集落を形成してきた六ケ所村泊地区。海産物が豊富に採れるが、ウニなどの食材はあまり流通していない。同地区などの商店でつくる「かもめスタンプ協同組合」(守田和之理事長)は29日、同村の泊イベント広場で開く「かもめ祭り」で、それらの隠れた特産品を使ったメニューを提供する。地域外から人々を呼び込み、地元の活性化につなげたい考えだ。

 同組合は、泊地区と東通村白糠地区の計27の商店で構成。加盟店で使える商品券を販売している。

 泊漁協は毎年、資源保護のため、ウニは夏季に3日程度、アワビは冬季に1日の解禁日を設定。商品として販売する環境が整っておらず、ウニに関しては個人売買のみとなっている。

 地域外に発信できていない状況を変えようと、組合は3年前から、泊漁協の協力を得て、ウニとアワビを使った料理を販売。今回は、生ウニにこだわった「うに丼」と、ゆでた後のだし汁まで使った「あわびカレー」を提供する。

 どちらも限定150食で、値段は500円(税込み)。泊地区の郷土料理「めかぶ汁」がセットで付く。

 組合副理事長の工藤健司さん(48)は「泊産のウニは別格の甘さ。アワビも美味なので、ぜひ味わいに来てほしい」とPRしている。

 販売時間は午前11時半~午後2時で、なくなり次第終了する。祭りは午前10時半~午後7時。

 問い合わせは、かもめスタンプ協同組合事務局=電話0175(77)3139=へ。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します