2017年7月31日 本紙掲載
7月 31

「高校生海女クラブ」として活動する畠山未瀬さん(左)と佐々木亜美さん

 「北限の海女」で知られる岩手県久慈市の小袖海岸で、素潜り実演や観光ガイドを務める「高校生海女クラブ」は29日、今季の活動を開始した。高校の夏休みに合わせた恒例の企画で、岩手県立久慈東高の生徒10人が参加。8月13日まで毎日、地元のベテラン海女や地域おこし協力隊の海女と一緒に観光客らを“おもてなし”する。

 クラブは市観光物産協会(山本えり子会長)が運営し、12年目を迎えた。

 メンバーは、下舘彩楓(さやか)さん(1年)、成田真梨(まりん)さん、大道ななさん(以上2年)、船渡菜緒さん、中野夏紀さん、畠山未瀬(みらい)さん、亀山留奈さん、佐々木亜美さん、畠山晴香さん、小田舞さん(以上3年)。このうち、小田さんは3年目、船渡さんは2年目、残り8人は初参加となる。

 29日はメンバーの畠山未瀬さんと佐々木さんが担当。波が荒く素潜り実演は見送ったが、海女の衣装である「かすりはんてん」を着て、ホタテ焼きを販売し来訪者をもてなした。

 畠山さんは「(NHK連続テレビ小説の)あまちゃんを見て自分もやってみたいと思った。お客さんに笑顔で対応したい」、佐々木さんは「あまちゃんでは久慈が盛り上がった。自分も肌で感じ学びたい」とそれぞれ意気込みを語った。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します