2017年10月3日 本紙掲載
10月 03

ウオーキングを楽しむ参加者

 「第13回階上岳横断ウォーク」が1日、階上町内で開かれ、参加者が秋晴れの空の下、景色を楽しみながら歩き、心地よい汗を流した。

 「はしかみYYクラブ」が主催。階上岳を横断する「岳コース」(24キロ)、階上灯台から寺下観音を周回する「寺下観音コース」(12キロ)、同灯台から海沿いを歩く「潮騒コース」(6キロ)の3コースが設定された。

 町内の中学生や、青森、岩手両県から訪れた参加者は、友人との会話や自然を楽しみながらそれぞれのペースで進み、ゴールをすると記念撮影をするなどして、達成感に浸っていた。

 姉妹で6キロコースに参加した八戸市の矢幅基世(きよ)さん(29)と千慧(ちえ)さん(26)は「天気が良くて歩いていて気持ちが良かった。来年は12キロに挑戦したい」と笑顔で話していた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します