2017年10月21日 本紙掲載
10月 21

アニメ映画のキャラクターの衣装で、英単語を教えるホープ・ベリーさん

 六ケ所村は村内の保育所やこども園に、外国語指導助手(ALT)を派遣する事業に取り組んでいる。今年4月から担当する米メーン州出身のホープ・ベリーさん(23)の授業は、ベリーさんがアニメキャラクターの衣装を着用するなど子どもたちに大人気。「子どもが家で英語を口ずさむようになった」と、保護者からも好評を得ている。

 村は昨年、幼い年齢から英語に触れてもらい、国際的に活躍できる人材を育成しようとこの事業を始めた。

 ベリーさんは毎回、自分で製作した衣装で授業を行う。13日の泊第二保育所では、徹夜で作ったというアニメ映画のキャラクターの衣装で現れ、子どもたちが歓声を上げていた。また、大学で美術を学んだ経験を生かし、自身で描いたイラストを使って授業。アルファベットから、火山(volcano)などの比較的難しい英単語を本場の発音で紹介した。

 同保育所に通う中村胡音(こと)ちゃん(5)は「歌ったり踊ったりするのも楽しい。英語も分かりやすい」と笑顔で話した。

 ベリーさんは「子どもたちは、4月には分からなかった自分の年齢の伝え方まで学習できている」と手応えを感じている様子。「小さい時から教えれば早く上達できる」と事業の意義を強調した。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します