2017年11月9日 本紙掲載
11月 09

「新しい挑戦が化学反応を生む」と強調する宮本亜門さん=8日、青森市

 青森銀行(成田晋頭取)は8日、青森市で「あおぎん経営者懇談会」を開いた。演出家の宮本亜門さんが「亜門流仕事術」と題して講演し、演劇やミュージカルを演出する自身の経験を踏まえ「(固定観念の)枠を外した新しい挑戦が化学反応を生む」と強調。「(部下や同僚の意見を)批判したり、駄目出しをしたりしてはいけない」と、ビジネスに役立つコミュニケーション方法を指南した。

 宮本さんは「仕事の肩書よりも仕事を通じて人に何を伝えたいかが重要だ」と力説。時代は常に動いている―と指摘し「『まずやってみよう』との考えが大事。アイデアを組み合わせれば面白いコラボレーションが生まれることもある」と、自分以外の意見に耳を傾ける必要性を強調した。また「人と意見が違うのは実は魅力の一つ。皆さんの物語を自分自身でつくって、楽しい人生を送ってほしい」と呼び掛けた。

 同懇談会は、若手経営者のスキル向上や交流の機会を設けようと1974年に発足。今回で40期目を迎えた。会員数はOBを含めて約520人で、年1回、OBを含めた合同懇談会を開き、著名人による講演会を行っている。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します