2017年11月19日 本紙掲載
11月 19

テーマパークをモチーフとしたJR鮫駅前のイルミネーション

 八戸市のJR鮫駅前の広場に、今年も色とりどりのイルミネーションがお目見えした。今回のテーマは「テーマパーク」。住民有志手作りの電飾は街頭を鮮やかに照らし、駅利用客や通行人らの心を和ませている。

イルミネーションは今年で13回目。駅前の景観を明るくしようと、近くに住む主婦の澤藤まゆみさん(57)が2004年、知人やPTA仲間と共に始めたのがきっかけだ。

 使用した照明は約1万個。製作費は祭りの出店の売り上げなどで集めた。澤藤さんは点灯した12日の取材に、「駅の利用者が温かな気持ちになれば」と語った。

 家族で訪れた市立鮫小4年の高橋隆寿(りゅうじ)君(10)は「すごくきれい。中をくぐるときらきらして楽しい」と満面の笑み。スマートフォンで撮影する家族連れの姿も見られた。

 点灯時間は午後5~10時で、クリスマス、年末年始は深夜まで延長する。来年1月上旬まで設置予定。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します