2017年11月20日 本紙掲載
11月 20

元気よく「じゃパン」を販売する児童たち

 二戸市立浄法寺小(平義昭校長)の6年生は、国産漆の約7割を生産する同市浄法寺町をPRしようと、漆の原木をイメージしたパン「じゃパン」を開発した。児童たちは17日、二戸広域観光物産センター「カシオペアメッセ・なにゃーと」で初めての販売会を行い、浄法寺の魅力を元気良く伝えた。

 同校では、総合的学習の時間を活用し、浄法寺の歴史や伝統、自然などについて調査。「浄法寺を伝えることができる名物を作ろう」と、「浄法寺PRうまいもんプロジェクト」を立ち上げた。

 8月、グループごとに考案したパンのプレゼンテーション大会を実施。短角牛、風車、葉タバコなどの中から、漆が選ばれ、同市の就労継続支援事業所「ほほえみ工房」の協力を得て、じゃパンが完成した。

 漆の原木を模したじゃパンは、漆が英語で「ジャパン」と呼ばれていることに由来。生地にはチョコレートを塗り込み、表面には原木をかいた跡に見立てた切り込みを入れた。中には、樹液をイメージしミルククリームがたっぷりと詰まっている。

 この日の販売会には、児童約20人が参加した。午後1時15分からのスタートを前に長蛇の列ができ、用意したじゃパン80個を数分で完売する盛況ぶり。浄法寺の見どころや名所を紹介したビラも併せて配った。

 石橋七海さん(11)は「完売するなんて予想以上の結果だった。多くの人に浄法寺をもっと知ってもらいたい」と笑顔を見せた。

 23日には盛岡市でも販売会を開催する。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します