2017年12月3日 本紙掲載
12月 03

イルミネーションの点灯が始まった五戸町図書館前広場

 五戸町中心商店街などで1日、「Town,sイルミネーション」が始まり、メイン会場の町図書館前広場で点灯式が行われた。発光ダイオード(LED)約10万個の光に包まれ、冬の夜を華やかに彩っている。来年1月14日まで。

 商店街活性化に取り組む「プロジェクトV(ファイブ)」(福井義幸チームリーダー)が主催して14年目。同広場のほか、商店約20軒や民家が独自に飾り付けている。

 広場には高さ約10メートルのツリーやアーチ、ハート形のフォトスポットなどを設置。同館の展望タワーもライトアップされた。

 点灯式では福井チームリーダーが「商工会、役場、商店などの協力で10年以上も続けることができた」と感謝。カウントダウンで色とりどりの光がともると、来場者が歓声を上げた。

 毎年来ているという類家百彩(もあ)さん(6)=町立五戸小1年=は「きれいで楽しい。ハートの飾りがかわいい」と笑顔を見せた。

 広場の点灯時間は午後4~9時。期間中、29日と1月5日を除く毎週金曜日は、「月イチピクニックマーケット」が開かれ、ホットドリンクの販売や中古本の交換会などを行う。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します