2017年12月4日 本紙掲載
12月 04

全国中学選抜レスリング選手権大会で優勝した齊藤美姫さん(中央)

 11月25、26日に東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内競技場で行われた「第8回全国中学選抜レスリング選手権大会」で、十和田レスリングクラブに所属する齊藤美姫さん(十和田市立東中3年)が女子62キロ級で優勝に輝いた。齊藤さんは「五輪での金メダルを目標に練習に励みたい」とさらなる高みを見据える。

 齊藤さんの全国優勝は6月の全国中学生選手権(水戸市)に続いて2回目。その時と同じく、今大会でもライバルの寺本鈴さん(三重県四日市市立富田中3年)と決勝で激突した。

 前回の勝利で自信を持って臨めた話す齊藤さん。しかし、「内容は五分五分で、なかなか攻めきれず点数が取れなかった」と振り返る。「厳しい中でも攻める姿勢を貫いた。最後はパワーで押し切った」と語るように、終盤に勝ち越し点を奪い、2―1で接戦を勝ち切った。

 高校進学後も競技を続ける予定という齊藤さん。今後の目標について、「まずはインターハイで優勝したい」と力を込める。

 11月27日には、同クラブの清水目伸監督と父の成美さん、母の美由紀さんとともに市役所を訪れ、小山田久市長に優勝を報告。小山田市長は「将来が楽しみ。世界の大きな大会で活躍することを期待している」とエールを送った。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します