2017年12月9日 本紙掲載
12月 09

表彰状を手に笑顔の田中綾子代表(中央)と従業員

 食品衛生管理に優れている優良施設として、八戸市江陽4丁目の宿泊施設「パンションこうよう」(田中綾子代表)が、日本食品衛生協会から厚労大臣表彰の伝達を受けた。今月で開業25周年を迎える節目に初めて受けた表彰で、田中代表は「いいタイミングで受賞することができてうれしい。今後もお客さまのために尽力していきたい」と喜びを語った。

 1992年にオープンしたパンションこうようは「家庭的な温かさ」が売り。宿泊客はリピーターが中心で、合宿のため八戸市に来た運動部の学生や、工事関係者が多いという。

 表彰式は10月に東京で行われた。食器や調理場の殺菌、消毒作業は絶対に欠かさないという田中代表。「『当たり前』のことを続ける大切さを引き継いでいけたら」と、スタッフと一緒に笑顔を見せた。

 今年、同協会から表彰された青森県内の優良施設、功労者は次の通り。(敬称略)

▽食品衛生優良施設 サンミッシェル(十和田市)

▽食品衛生功労者 小田原勉(南部町)舘崎司(八戸市)柳谷一雄(むつ市)

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します