2016年6月3日 本紙掲載
6月 03

ボウリング体験教室でプレーを楽しむ参加者

 ボウリング大会「東北魂プロアマチャリティトーナメント」(青森朝日放送主催)が5月28、29日の両日、八戸市のゆりの木ボウルで開かれた。プロボウラーとアマチュア選手延べ160人が参加し、プレーを通して交流を楽しんだ。

 東日本大震災の復興を支援しようと、2011年から毎年実施。6回目となる今年は、蕪嶋神社再建と熊本地震の支援も兼ねて開催された。

 会場ではプロボウラーが出展したボウリング用品のチャリティーオークションが行われ、落札金などを義援金に充てる。

 28日の前夜祭では、プロボウラーによるボウリング体験教室やチーム戦で親睦を深め、29日の本大会で順位を競った。

【写真説明】ボウリング体験教室でプレーを楽しむ参加者

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します