2016年8月2日 本紙掲載
8月 02

8年ぶりの優勝を喜ぶナカスポのメンバー

 八戸市の女子サッカークラブ「ナカスポ」が、第21回中泊町ビーチサッカー青森県大会女性の部で8年ぶりに優勝した。中学生主体のチームで頂点に立ち、来迎(らいこう)鉄雄監督は「社会人チームにも勝てた。足元の技術があり、簡単にボールを奪われなかった」とたたえた。

 女性の部には13チームが出場。ナカスポは決勝トーナメント準決勝で優勝候補をPKの末破ると、決勝では五所川原FCレディースを5―0で下した。

 落合夏海主将(14)=百石中3年=は「みんなで楽しくできた」と喜び、最優秀選手に選ばれた佐藤青空(そら)さん(13)=三沢一中2年=は「味方からいいパスが来て、ゴールを決められた」と充実感をにじませた。

Comments are closed.

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します