2017年9月11日の記事
9月 11

一度に道南4カ所の名所が見られて感激

 所用で三沢空港から丘珠空港への搭乗中、機外はとてもよい天気でした。

 室蘭上空に入り下のほうを見ると、左下に洞爺湖が見え、進行方向に見覚えのある山が見えました。右側の山が大和ルスツスキー場、真ん中が蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山、その左側が活火山・ニセコアンヌプリです。

 生まれ故郷の上空から一度に4カ所の名所を見られ感動してしまいました。

【八戸市・(有)高瀬新聞店】

2017年9月5日の記事
9月 05

発掘された日本列島2017

 是川縄文館で開催中の『発掘された日本列島2017』に行ってきました。

是川縄文館

 “発掘”というと、化石や土器などを想像しがちですが、縄文時代、弥生時代の土器や狩猟具だけではなく、江戸、明治など近代の瓦や皿などのほか、沈没船から引き揚げられたものまで様々な展示があります。

 特に印象に残ったものは、素人目には河原に転がっている、何の変哲もない石ころ。しかしそれは食料を擂り潰すための石で、考古学の研究者の方々は、この石ころをどのように分析し、時代や用途を割り出したのだろうと感心してしまいました。

 もうひとつ印象に残ったものは、山形県から出土した漆塗りの土器。海外でも注目を集める日本の漆器が、縄文の時代にすでに作られていた事に大変驚きました。しかもコンディションが非常に良い。漆器は一生モノと、漆職人さんが話しているのを聞いた事がありますが、あながち大げさな表現ではないのだなと感じました。

 近年では地球滅亡説はめっきり聞かなくなりましたが、仮に地球が滅亡し、1000年先2000年先の地球で、現在当たり前のように使っている物が発掘されたとしたら、その時代を生きる人々はどのように推察するのでしょう。「今回出土した物は、約1000年前に古代人が使っていた“スマホ”と呼ばれる通信機器です」という時代が来るのかもしれない。

【八戸市・㈱川口販売センター】

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します