2016年10月27日の記事
10月 27

20161027_001.jpg

20161027_002.jpg

20161027_003.jpg

 上から、ミス・ビードルビーチ、モトパーク338(モトクロスコース)沿いの四川目海岸、「ミス・ビードル号記念広場」のある淋代海岸—三沢市の南北に連なる代表的な海浜です。

 それぞれ時節には海水浴客・サーファー・釣り人等でにぎわいますが、秋も深まって今は人影もまばらです。

 三沢市の沿岸部は、ジョギングやサイクリングには絶好のロケーションです。

 ところどころで砂浜に侵食されるものの、波打ち際の細道をつなげていけば走行距離も充分、他の車と並走してヒヤリとすることもほとんどありません(迂回路としての国道338号は要注意)。

 日射しの柔らかなこの時季、堤防の上の陽だまりで体を休めていると、ギャーギャーあまり品の良くない(^○^)海鳥の鳴き声でもなごみます。

 余力があれば、高瀬川河口あるいは小川原湖方面に足を伸ばすといいでしょう。さらに楽しめます。

【三沢市・下斗米販売所】

2016年3月15日の記事
3月 15

img_0290.JPG

2016hokki_leaf_nakamen.jpg

三沢の冬を代表する味覚といえば、何といってもほっき貝です。漁期は12月~3月末なので、そろそろ押し詰まってきました。

それではということで、さっそく食べに来ました「ほっき丼」。写真は、「街の社員食堂」さんのお刺身風の一品です。わさび醤油と梅肉和えで、ほっき貝の地の甘さ・柔らかさが堪能できます。

ほっき丼は、三沢市内の飲食店30店舗で提供されています。冬の楽しみのひとつとして食べ歩きを加えてみてはいかがでしょうか(すでに全品制覇の強者もいるそうです!)

【三沢市・下斗米販売所】

本ウェブページ掲載の記事、写真、図表などの無断転載を禁止します。また、著作権はデーリー東北新聞社またはその情報提供者に所属します